日出町から国公立大学合格を目指すなら鳴海塾

鳴海塾
無料体験講座はこちら
実績と声 Results&Voice
インタビューInterview

中学生 日出町 R君

中学校入学直前の小6春期講座から鳴海塾に通っていたR君。
中学3年間の塾生活を経て無事に志望校に合格、現在高校1年生です(2017年時点)。
以前通っていた塾には物足りなさを感じていたというR君とお母様に鳴海塾の魅力を伺いました。

「オススメしたい塾がある!」と卒塾生に強く勧められて出会った鳴海塾。

お母さん

小学校のころは別の塾に行っていたんです。
ある日「塾がつまらない」って本人が言ってきたんです。「塾を代わってみたい」って。
じゃあ新しい塾を探してみようかって話になりました。

R君

前の塾は、ひたすら問題を解いて採点してもらって帰るだけで、他の子たちもバラバラにきて帰るから友達も
できにくかった。
中学生になるタイミングでもう少しきちんと教えてくれるような塾に行きたい気持ちが生まれました。

「鳴海塾」を、いつ、どこで、知りましたか?
お母さん

私の職場に鳴海塾の卒塾生がいたんです。
息子の塾を探している話をしたら、その子が
「鳴海塾いいですよ!」
「絶対に成績が上がります。間違いなく百番以内には入れます!」

って、すごく熱心に勧めてくれたんです。

R君

鳴海塾のことは聞いたことはあったけど、そのときは入ろうなんて思ってもなかったです。
「鳴海塾は怖い」っていう話を聞いていたので。

お母さん

私は職場の人から聞くまで全然知りませんでした。
そういえば看板を見たことがあるなあ、程度です。

会った時の藤原学長や塾の第一印象(雰囲気)はいかがでしたか?
お母さん

実際にお会いした先生は想像以上に若くてびっくりしました。先生もスーツとか堅苦しい服装ではなくて、カジュアルで気さくな雰囲気でした。

R君

とにかく“怖い怖い”って友達から聞かされていたんですけど、実際に入ってみたら思っていたより怖いところではないなと思いました。宿題の量が多いのと、問題を解けるまでは帰れなかったりという話は本当でしたけど、でも先生に質問しやすい雰囲気です。

先生

中に入ってみればわかってもらえると思うんですよ。言われるほど怖くないって。ぜんぜんだって(笑)


教科だけではなく、総合的なサポートをしてくれる鳴海塾。

「塾」を選ぶ時、どこ(通信教材も含む)と比べましたか?
R君

鳴海塾の前に通っていた塾は、プリントを配って「何時まではこれ」という形で、ただ場所を変えて自主勉強をしているようで物足りなかったんです。だから、「ちゃんと授業をしてほしいな」っていうのが第一希望でした。
しっかり教えてほしいって。鳴海塾はすごく怖い、厳しいって聞いていたけど、もしかしたらそれくらいのほうが逆にいいかもしれないって。

そこではなく、なぜ「鳴海塾」選んだのですか?
お母さん

職場にいた卒塾生の人に「絶対いいです」って強く勧められたから、鳴海塾が候補に上がってからは別の塾を探さなかったですね。
費用面でも、前の塾は一教科いくらというふうにキッチリ決まっていて他の教科には触れてくれないけど、鳴海塾は5教科も教えてくれるのでお得だなと思っています。

R君

そうですね、基本的には英語と数学一つの教科だけじゃなく、総合的にその子の成績を見て、全教科を1セットとしてまとめてサポートしてあげたいと思っています。

噂通りの宿題の量!そのおかげで「勉強法がわからない!」とは無縁です。

入塾してからの反響や結果はどうでしたか?
お母さん

小学生から中学生に変わるタイミングで、この子はどうやって勉強していくんだろうって正直不安に思っていたんです。全然違いますよね、小学校と中学校って。

R君

鳴海塾はすごい量の宿題が出るけど、これもありがたいです。確かに小学校のときとは全然違うけど、だからといってどうやって勉強すればいいのかわからないという状況にはならなかったです。

お母さん

具体的な成績の上がり方としては、中学校に入ってすぐに成績は165位(240人中)。それが、最高20位まで上がったんですよ。

R君

勉強したら成績が上がっていくのは楽しかったです。嬉しくて、次も頑張ろうって気持ちで勉強していたら、30位台は安定してキープできるようになっていました。

今、鳴海塾をどう活用していますか?
R君

特に英語は、学校の勉強だけじゃ絶対についていけなかった。先生に教えてもらっていなかったらこんなにいい点数は取れなかったと思っています。学校よりも少し進んだ授業をしてくれているから、学校で受ける授業のほうが復習みたいになっていて、そのおかげで苦手教科も点数を伸ばしていけたんだと思います。

鳴海塾の良いところ、悪いところ3つを教えてください。
R君

悪いところ…あえていうなら先生との距離が近いから、たまに強い言葉がある。「お前らは稚魚(ちぎょ)だ!」とか。
でも僕たちも「そろそろ成魚になったかなあ」って言い返したりしてます(笑)

あと、「問題が終わるまで帰れない」っていう制度は当時はかなり嫌でした。実際にテストではすごく役に立つけど、やってるときは辛い。

お母さん

いつになったら帰ってくるのかなという部分では困ることがありますね。帰る時間がわからないんだけど、今一生懸命やっているところだから塾に電話するのも悪いかな~と思っちゃうんです。

先生

そこは配慮していこうと思います。逆に何時くらいに迎えにいくよというふうにお子さんと約束してくれていても大丈夫ですよ。
23時まで塾は空いていますので。

お母さん

親の目線として一番いいところは、子どもの性格やテストの点数をそれぞれきちんと見てくれているなと感じます。
一人一人、その子に合わせて、成績だけじゃなくメンタル面までも引き上げていく方法を考えてくれているような気がします。

R君

学校の先生よりも鳴海塾の先生のほうが質問しやすいところもいい。ちゃんと「先生」っていう感じなんだけど、なんていうか、あまり気を使わなくてもいい「先生」という感じです。
なんでも答えてくれるのがすごくいい。授業の合間合間に面白い話があるのも好きです。

お母さん

三年間、辞めたいって一度も言わなかったよね。やっぱり楽しいんでしょうね。

上がれるところまで、鳴海塾でがんばっていきたい。

当塾への今後の期待、要望を教えてください。
R君

中学の3年間で成績が上がって、希望の高校に入ることができました。
でも、ここからまだ成績が上がるならもっともっとあげていきたいと思っています。高校でもよろしくお願いします。

ホーム > インタビュー > 中学生 日出町 R君